バー・アスティエ協会のご案内

ご挨拶


barre Astié(バー・アスティエ)とは1976年にフランス人バレエ教師、Alain Astié
(アラン・アスティエ)によって考案されたストレッチ法です。barre au sol(バー・オ・ソル)と呼ばれるジャンルのひとつで、クラシックバレエのエクササイズを基に床に寝たり座ったりした姿勢で行います。一般的なbarre au solに比べ、身体の仕組みをより効果的に活用し、無理なく身体の可動域を広げ、柔軟性、筋力、バランス感覚を高めます。解剖学に基づき構成された独自のムーヴメントはジャンルを問わず、年齢・性別・キャリアを問わず、すべての方に効果を発揮します。音楽と共に流れるようなムーヴメントで行うエクササイズはまさに床でのダンス“Danse au Sol”です。
当協会ではバー・アスティエを一つの芸術的な身体表現として完成度を高め、様々な形で作品発表も行っています。

ページの先頭へ

バーアスティエ協会とは

「La Vie est Belle !(人生は美しい!)」


NPO法人バー・アスティエ協会はメソッドの創始者アラン・アスティエ氏を名誉顧問に迎え2009年に発足いたしました。このメソッドを不特定多数の方の心身の健康増進に役立てていただくことを目指し、活動しております。各種ワークショップやレギュラークラスの提供、また正しくメソッドを継承し、指導者となるための「講師養成(ディプロム)コース」などを開講しております。

毎日の暮らしは忙しく、慌ただしく過ぎていく私たちですが、バー・アスティエのクラスを終えてスタジオを出たときに心も体もすっきりして「明日も頑張ろう!私の人生、悪くないわ!La Vie est Belle !」の気持ちで一歩踏み出せる。これがバー・アスティエの魅力です。趣旨にご賛同いただけ、活動にご参加いただける皆様のご入会を随時受け付けております。会員特典も多数ございます。

バーアスティエ協会の歩み

HISTORY 


フランス 1976年:アラン・アスティエがBarre ASTIÉを考案。
フランス 1990年:アラン・アスティエ著GRAMMAIRE DES CORPS/BARRE ASTIÉ出版(原題「身体の法則」)。


(以下すべて日本)

1996年:アラン・アスティエ来日、初のバー・アスティエワークショップ日本開催(以降毎年開催)。

2007年:GRAMMAIRE DES CORPS/BARRE ASTIÉ日本語翻訳版出版(坂東祐子/)

2009年:NPO法人バー・アスティエ協会発足。バー・アスティエ講師資格認定(ディプロム)コース第一期開講。

2010年:バー・アスティエパフォーマンス公演Une Belle Rencontre~美しき出会い~
     上演(振付/演出アラン・アスティエ)会場:神奈川「県民共済みらいホール」。

2011年:協会認定講師によるバー・アスティエワークショップ“AbA-J”第一回開催(以降毎年開催)。

2013年:第一回海外レッスンツアー(フランス)開催(以降不定期開催)。

2016年:バー・アスティエパフォーマンス公演À VOUS~あなたにとどけたい~開催。
     会場:東京「座・高円寺2

2018年:NPO法人バー・アスティエ協会発足10周年記念公演BarreAstiéFestival 2018Danse au Sol!~開催。
     会場:東京「なかのZERO小ホール」

2019年:「ワルツ~カミーユ・クローデルに捧ぐ~」フランス公演に坂東祐子、バー・アスティエ講師5名がダンサーとして出演。
     会場:フランス「 カミーユ・クローデル美術館」

その他全国各地でのワークショップ主催:宮城、秋田、長野、名古屋、京都、大阪、広島、愛媛、福岡、沖縄など

メディア紹介

NHK「おはよう日本」
日本テレビ「PON!
各種雑誌(バレリーナへの道、クララ、BODY+VOCE、ワッグル等多数。)

外部指導歴

公益社団法人日本バレエ協会
公益財団法人日本スケート連盟(フィギュアスケート有望新人発掘合宿・全日本シニア強化合宿)
公益社団法人日本体操協会(新体操フェアリージャパン、日本体育協会公認コーチ養成講習会・新体操女子ブロック選抜U-12合宿)
公益社団法人日本女子体育連盟
新国立劇場
A.O.D.T(バレエ指導者のための解剖学的アプローチを学ぶ会)
福島県洋舞連盟
日仏文化協会
CID- UNESCO 38th WORLD DANCE CONGRESS 2014ほか多数。


「バー・アスティエ協会理事長インタビュー」

ページの先頭へ

ALAIN ASTIÉ (アラン・アスティエ)

フランス人バレエ講師。 パリ、フランス国立舞踊学校(コンセルヴァトワール)出身。リヨンオペラ座バレエ団 元ダンサーでM・ベジャール、R・プティ作品などへの出演経験も持つ。ソリストとして活躍後リヨン市内にスタジオを開設。ヨーロッパ各国/香港/日本でバー・アスティエの講師としても、広く活動。


13歳で”コメディー・フランセーズ“で上演された”レ・ミゼラブル“で子役としてデビュー。後にパリのコンセルヴァトワールに入学、首席にて卒業する。以後、リヨン・オペラ座をはじめヨーロッパのバレエカンパニーにて活躍。その間ルドルフ・ヌレエフ、カルラ・フラッチ、パオロ・ボルトルッツイなどと共演。モーリス・ベジャールによる演出、振付作品にも出演する。その後リヨンにてバレエスタジオを開設、オリジナルメソッドによるフロアー・バー(バー・オ・ソル)“Barre Astié”を考案。1990年には « Grammaire des corps-Barre Astié » を出版。現在に至るまでヨーロッパ各国のダンス専門学校、バレエカンパニーなどに教師として招かれ、クラシック、コンテンポラリー、バー・アスティエなどを教える。日本では‘96年より講習会を開始、以降現在まで毎年来日、多くの受講生の支持を受け


ページの先頭へ

坂東祐子(ばんどうひろこ)

アラン・アスティエに師事“Barre Astié ”を継承する。96年より毎年「アラン・アスティエ講習会」を日本にて企画、開催する。

辨官雉枝バレエ研究所にて4歳よりバレエを始める。

オリガ・サファイア バレエコンサートにてデビュー。
以後、クラシック、モダン、ミュージカルなど幅広いジャンルの舞台に出演する。

20世紀バレエ団(現 ベジャール・バレエ・ローザンヌ)元団員故・升田道子に師事、イヴ・ブリュースタイルのレッスンを学ぶ。その後数回にわたり渡仏、アラン・アスティエに師事“Barre Astié ”を継承する。

1996年より毎年「アラン・アスティエ講習会」を日本にて企画、開催する。

2007年にはアラン・アスティエ著書 «Grammaire des corps-Barre Astié≫(バー・アスティエ教則本)を翻訳、日本語版を出版する。

2012年ロンドンオリンピックに出場した新体操チーム「フェアリージャパン」、全日本スケート連盟主催の「全日本シニア強化合宿」「有望新人発掘合宿」参加選手などにバー・アスティエを指導。

ダンサー・日本の古典芸能やテレビ・舞台で活躍する俳優・音楽家などあらゆるジャンルで活躍するパフォーマーへ、バー・アスティエを指導する。

「アラン・アスティエ講習会」「バー・アスティエ講師資格認定コース」などではアラン・アスティエのアシスタント・通訳を務める。

ベトナム(国立舞踊学校)、シンガポール(ワガノワメソッドのダンススタジオ)などでバー・アスティエを紹介。

パフォーマティブアート作品「ワルツ~カミーユ・クローデルに捧ぐ~」では2013年の初演からパフォーマーとして出演。2019年にフランス、カミーユ・クローデル美術
館で同作品を踊る。

NPO法人バー・アスティエ協会理事長。





ページの先頭へ

AbAメンバー募集


正会員
個人

 入会金:¥10,000

(初年度は入会金のみ)

年会費:¥6,000
  団体

入会金:¥50,000

(初年度は入会金のみ) 

年会費:一口¥10,000

(5口以上)

   

 

 
賛助会員  個人

入会金:¥5,000

(初年度は入会金のみ)

年会費:一口¥1,000

(3口以上)


 団体  入会金:¥50,000

(初年度は入会金のみ) 

年会費:一口¥10,000

(5口以上)

会員特典

・会員価格での各種セミナーの参加 ・会員にための交流会 勉強会の 開催
・会報誌(不定期)のお届け ・各種セミナーの先行申込み

ページの先頭へ

入会手順



ご入会にあたっての資格などは ありませんが、会員規約をお読み頂き、ご同意のうえ良識ある会の
運営にご協力を お願い申し上げます

LinkIconAbA会員規約(必ずお読み下さい)



入会申込み書請求

入会申込書ダウンロード(またはメールかお電話でご請求下さい。)
AbA入会申込み書ダウウンロード(aba.pdf)はこちら→ LinkIconaba.pdf

E-mail: info@barreastie.jp  TEL :03-5356-7433



申込書送付

必要事項をご記入、協会事務局に郵送
〒165-0035東京都中野区白鷺2-29-2-301 / FAX 03-5356-7434



ご入金

  ご 入 金 :指定口座へ入会金のお振込



ご入会

  ご 入 会:協会会員証の発行とご案内


ページの先頭へ